« 振り棒のまとめ | トップページ | 下絵のまとめ »

縫い方のまとめ

ミシン使用が楽である

ハンドミシンは不評である(人柱乙)

ホチキスでとめるのも有り、ケガに気をつけろ

端を折って縫い、ホツレ防止に心掛けろ

手縫いも全然有り

以下に手縫いの際の玉とめの仕方を抜粋

140|∀`)<ライデイン ◆hX7SCJ1XJM :05/03/03 01:48:46 ID:68e4uy4T0
>>135
玉どめのつくりかた

1:針に糸を通す。糸の端と端を合わせると「二本どり」という縫い方になり強度が増す。
2:糸の端を親指と人差し指でつまみ、人差し指に糸を二回巻きつける。
3:つまんでいた指を離し、二度目に巻きつけた糸の上に親指を乗せる。
4:親指を人差し指の根本の方に滑らせて糸同士を絡ませる。
5:絡んだら指から外してリング状になってる糸を指や机などで押さえつける。
6:押さえたまま針の付いてるほうの糸を引っ張るとリングがどんどん小さくなって玉が出来る。

縫い終わりの始末
1:縫い終わったら、縫い終わりの部分から出ている糸の横に針を置く。
2:縫い終わり部分から出ている糸を針に2回巻きつける。
3:まきつけた部分を押さえ、針を抜くとデカい輪が出来る。
4:輪の糸が絡まっている部分を縫い終わりで布から出ている糸のところに合わせる。
5:押さえたまま、針から出ている側の糸を引っ張ると、玉止めが出来る。


« 振り棒のまとめ | トップページ | 下絵のまとめ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。