« April 2006 | Main | June 2006 »

May 30, 2006

若い人

あちこちブログを徘徊すると結構学生が
トリのブログをやってるみたいで、
知らない人も増えてきたんではないかと。

ま、ついでなんですけどね、
W杯に向けて敢えて自分のテンションを高める為に
(そうしねーとテンション上がらねーのよ)
何度も見つめ返すフラッシュを掲示。

やっぱりサポの気持ちの原点はこうだと思うぜ

常に前向きな応援をする
サポーターが頑張れば選手に絶対気持ちが届く
選手にはマイナスになることを言ってはいけない
最後の最後まで諦めてはいけない
試合には勝たなければならない
目標は絶対に優勝

少しづつでもW杯に気を入れないとツマンネーしなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おや、あがってら、、、。

血沸き肉踊り指先が震え心臓が躍動し
目が充血し喉がヤニで支え何か臭う
チンケな換気扇1つで窓も無い暗い
雀荘で3晩程、徹マンしてぇ~。

マンセン!
ハネセンゴ!

深夜2時に咆哮してーな。


いやいや、久しぶりに麻雀放浪記を読んだ訳ですよ、
やっぱり名作な訳ですよ。
坊や哲とママの繋がり
ドサ健との出会い
女衒の達
出目徳
虎さん
とかね、麻雀を知らなくても立派なストーリーとして
読めるのが不思議でしょうがない。

つーかさ、

「おや、あがってら、、、、」
とシブーイ演技をされてた
高品格さんて亡くなってたの?
上のシーンは2の2のテンホウってシーンだったっけか?
最後、ドブ川に哲と健と達が捨てちゃうんだよね。


麻雀の禁断症状が出てきてんだよ、マジで。
今さ、サッカーも一段落してるし仕事もヒマだから
麻雀大会やろーぜ。

ヤラネーっても
一人で雀荘に行っちゃうんだけど。
ゲーセンの対戦麻雀とか、あんなの本物の勝負じゃねーし。
ツマンネーあがりカマす奴とかいるしよ。
雀荘で会ったら絶対ブッ飛ばす様なガキが多いんだよ。
バカめ!

徹マンカマシテサウナにハイッテカエロウ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 25, 2006

縫え描け塗れ掲げろ、アチョー!!!

リーグ中断期間だからヒマ?

んな訳ね~だろ、ボケども!

ゲーフラを作りやがれ、洒落たヤツをよ!

漢は黙ってビックサイズにて宜しく哀愁。

以下に不肖・闘魂によるゲーフラ作成手順を
掲載するので励んでくだせーな。

下絵編

生地編

色塗編

上に羅列したのは、ある程度キチットしたゲーフラ用。

下絵無しの気合の一筆書き

ガムテ貼り付けによる即席

気合のスプレー噴射

など、どんな形であれゲーフラはゲーフラ。

自作のゲーフラとともにアウェーに行くと

数々の激戦を共に闘った戦友として愛着も湧くぞ。

祭りじゃ祭りじゃ、中断明けからゲーフラ祭りじゃ~!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2006

秀逸じゃ

ブログ始めてボケカス言いながら
結構経過したんですけど、

チョーナイスなトラックバック頂きました。

そのサイトは

カルチョ・イラストレイテッド

選手のイラストと共に寸評を少し。

プロの絵描きさんかな?
上手いよ。

例えば

①根本
Nemo

②周作
Shu

③章太
Shota

④オズマール
Oz

⑤高松
Taka


どうよ、素晴らしいべ!

でもこのサイト、コメント投稿がパスワード式なんだべさ、、、。

この絵図でゲーフラ作らせてくんないかな?

作者さ~ん、了解、頂けますか~!?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 22, 2006

講釈垂れてみる

哲平はボランチ向きじゃない。
守備の面では弱いな。

1失点目の時、何故かトップ下の位置に居て
チンタラ戻ってきているのが見えたので
ボケカス言ってしまった。

その哲平の守備面を補ってるのか
オズマールが中盤の守備の選手かと思うほど。

あれで「結果」を求めても求めるだけ無駄な気がする。

簡単にハタいたり、
点で合わせるタイプのプレーヤーみたいだから、
PA付近でのワンツーとか、そんな流れじゃないと
点は取れないでしょ、後はセットプレーか。

1対1とか局面で勝負させるタイプではないよなぁ。

昨日、岡山の帰り、車中でエトーのゴールシーンが
流れた。スゲーシュート。

KPOさんとテランティーノと俺と口を揃えて

「ウォーーー、マグノ級のシュートじゃねぇか!」

そうなんだよなぁ、マグノは自分の型を持ってるからさ、
局面とか相手何人とか距離がどんくらいとか
関係ないもんな・・・。
そんな選手、そう居ないって。

厳しいけど、もうちょっとオズマを見てみても良いかな?

う~ん・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

あと8点

足りなかったよ~。

まぁ、勝ったから良しとしよう。

ショータ復活は好材料やね。

詳しいレポートはロケッツの突撃レポにて。

しかし、熱かった~、みんな顔が焼けとったで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2006

かんもん

かんもん

ここまで来た。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

叩き付ける

ナビスコ予選なのに・・・・

日曜日なのに・・・・

岡山でやるのに・・・・

大分のサポって結構来るんか?

おいおい、しかも楽しそうで熱いよ・・・・

京都のサポにトラウマとなるようなサポり具合を
カマしてきます。

リーグ戦ならどんな風なんや・・・・・

と、京都に恐怖感を与えてきます。

次回の対戦に備えるために。

頑張ってきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2006

迷わず行けよ!

俺は諦めないぜ!

Toukon86

フィールドに選手は必ず立つんだ。

大分より京都の方が岡山に近い。

だけど、大分の方がスゲー熱い。

この事を証明してやりたいと思います。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 16, 2006

限りなくどうでもイイ

鹿島アントラーズ+αの代表チーム。

どうでも良いです。

ヤナギもリハビリ中と違うんか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2006

パナシナイコス

旗屋の方でも紹介したんだけど、

ギリシャのパナシナイコス、スゲーよ。

何が凄いって、サポーターの

熱っつーか、前のめり的な勢いがスゲー。

パナシナイコスはサッカーに限ったばかりじゃなく、

バレーやらバスケなどのチームを持つ総合スポーツクラブらしい。

その中でもサッカーに関してはとびきりHOTな訳だ。

まぁ、見てくれ。

Pana1


どうよ、この前かかり具合は!

もう2枚、オリャ!

Pana5

Pana4

いいねぇ、いいねぇ、みんなサッカー好きなんだべ。

-----------------------------
-----------------------------
-----------------------------
-----------------------------
-----------------------------

しか~し、このチームには大きな問題もあった。

サポが過激すぎるんだ!

過激と言うか、「過激派」「武闘派」

いやいや、そんなもんじゃねぇ、ハッキリ言ってな

Pana2


Pana3


ゲリラ臭プンプンしてくんだよ!!!

無茶、おもしれ~www

1回、行ってみてーな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2006

血管プチプチ

へ~、随分と大人しいじゃん。

後援会主催って事で、主幹事はバス会社ですって言えば
エエのになぁ。
それでもダメなんかいな?

チーム後援会がやろうとしてるんやろ、
ゴタゴタ抜かすなや。
誰かが率先しねぇと動かねぇ奴が多いくせによ。

ヘコ垂れんなよ、ちょっとした言い回しで
こんな事は簡単に回避できる気がする。
違う方法を模索すればいいさ。

ま、この話はこれで良いとしてさ、
このアウェー遠征については以前から
イライラ来ている事があるんだよ。

チームのスポンサーになっているバス会社が
営業目的として関西方面等へツアーを組んでくれるにも
関わらず、自分らでツアー組んで告知して
人間募って、「人が多く集まったら安くなる」とか????

エライ勘違いしてんな。
スポンサー企業の営業邪魔して何様のつもり?
○○バス会社のツアーより○○グループの個人ツアーの方が
安かったって、参加者が後に気付いたら以後集まらんだろう。
繰り返してるとバス会社も船舶もツアー止めちゃうぞ。

実際、名古屋ツアーは定員割れ、でも旅行会社の厚意で
無理やり実施してもらったじゃん。
開幕戦の東京だって、そうだったじゃん。

スゲー悪循環なんだよ。

仲間内で行くもはもちろん大賛成。
だけどな、ひっそりと連絡回してサクッと行けや。

旅行会社がセットしてくれるツアーに参加すると
スゲー楽なんだよ。
だから、無くしたくネーノ。

だーけーど、中学生でも高校生でもオコズカイでは
ツアーが厳しくて行けない、だけど行きたいってなら、
オジさんたちが連れて行ってあげるから。
親の了承だけは取って来い。

フー、さて、岡山にどうやって行くかね?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 11, 2006

ナンセンス

愛国心ってのが戦前の教育を彷彿とさせんのか?

日教組には?

学校教員じゃない人間の方が大半なんだぜ。

俺達日本人は小学校の時に「愛国心」って習ったら

どっかの国みたいに「将軍様マンセー」って、

変な方向に進むと思ってんのかね?

教員はアテにしてねーよ、ハナっから。

自分の息子には俺が正しい愛国心を教える。

歪んだ発想持ってんじゃねーよ、バカ。

「愛国心」を教えろとなってもさ、

それを子供たちに伝えるのは教員、アンタでしょうが!

憲法にも「解釈」が存在するんだから、

どう伝えるかは伝える側の意思に寄る所が大きいよ、多分。

教育って国家の基本を成す大切なファクターじゃん。

それを担うのは親・社会・学校とちゃうの?

その一端が共産党の支持母体っつんだから、

マジでタチが悪い。

ツベコベ改正案に文句言うヒマがあったら

教員の知識・学力・見識を高める努力でもせぇ!

国民は等しく教育を受ける権利を有する
憲法第二十六条

その前に確かめてぇ事があるんだ。

教える側の能力って等しく一定なの?義務教育で?

学力に限った事じゃないよ、「教える能力」よ?

全国統一教員テストでもやってみれ!

とか言う俺の弟は教員です・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 09, 2006

報告

多方面から協力して頂き、

発売に取り付けた私のチェッカーフラッグ。

あれから約1年が経過し、

そして今日、少しその成果が実りました。

「report.txt」をダウンロード

トリニータサポの方で旗を購入頂いた皆さんに
感謝感謝。

記念撮影で練習場担当のSさんと1枚。

P506ic0012190123_1

さぁ~、うちのユースは強くなるぞ~!

(本当はまだ半分しか納品されてない、
 残りは今週末、悪しからず)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2006

津久見でダー!

津久見でダー!

チームの勝利と子供の成長を祈願して

気合いを入れる。

三等兵であります。

この後、海にダイブします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 04, 2006

Jリーグ

チンカス2ちゃんバカは大嫌いだけど、
旗屋をやってたりもする俺ちゃん。

旗屋では日本のワールドカップ優勝の為には
まずJリーグの隆盛ありきと信じて止まない。

トリニータが負けると俺の責任なのかぁ、
などとも考えたりもする。

超二面性なんだけどさ。

以前さ旗屋の顔としても煽ったんだけどさ、
アヤカちゃんの募金だっけ?

フーン

テメーラのサポグループの子供を助けてくれと
Jサポ全員に助けを求めといてさ、

アウェースタンドにいる女子供をビビラセルのは
躊躇ないんだ、

フーン

ま、本当にインファイトのメンバーだったのかは
現地に行けなかった根性なしの俺には良く分からんけど。

Jがあって初めてWCでのチャンプの道が開けるんだ!

と思う自分と

アウェーでは何でも自由だ、
チバラギの珍走団はチンソウダン、バカたれ、
本当に恥ずかしい奴らやのう、バカ!

これも二面性か?

昨年、神戸での敗戦の夜、
選手を出待ちしながらチンカス神戸サポの罵声に耐えた
ガスペ、いやいや、バカマックス!
みんな大人やね。
尊敬してますよ。(ウソだ、コノヤロー)
いや、ウソじゃないよ。

二面性って、どっちか分からんな、便利かもW

本音は、みんな熱くて好きよ。
ホントかなぁ~・・・。

いや、好きなんだって! これは本当よ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ハラヒロミ

の解説が的確で非常に見やすい試合でした。
根本と高橋がかなりひらいてるから
内田がサイドチェンジに付いてこれないでしょ、
これが監督の指示なんでしょうね。
監督経験のない舌ばかりの解説者とは違う新鮮さが良かった。
帰って来たら録画見るべし。

しかし、そのサイドチェンジを生み出す福元の精度は凄いな。
あれの凄さが分かる人集まれ。
なんで歓声が沸かないのか分からん。
ホームで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SAMURAI BLUE

SAMURAI BLUE

ほんとに
オレガイカナイあうぇーノ勝率タカイね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2006

とったどー!

とったどー!

どや!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2006

繰り返せ

ウダウダ言ってもドーモなりゃせん。
んなこた分かってるのにグダグタ言う俺には
やっぱり繰り返しの呪文が要るよ、ホント。

バカになれ

この道を行けばどうなるものか

危ぶむなかれ

危ぶめば道はなし

踏み出せばその一足が道となり

その一足が道となる

迷わず行けよ

行けば分かるさ

バカヤロー

何も考えずに
はっちゃけよう。
やっぱ、それが一番だわ。
暴れはっちゃく精神ではっちゃけることにしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »